アジスロマイシンを使えば安い費用で第四性病が治る

アジスロマイシンは、比較的安い費用で第四性病の治療を行うことができます。第四性病とは、鼠径リンパ肉芽腫のことを指しています。クラミジアによる感染症ですが、日本で知られる性感染症の原因となるクラミジアとは異なる遺伝子を持っています。日本では第四性病が性病予防法で性病に指定されるほど流行した時期がありました。しかし先進国には少ない病気で、国内で感染する人も少なくなっています。一方で先進国であるオランダやフランス、イギリスといった西ヨーロッパ諸国では、2000年代に同性愛者の間で感染が広がったことがあります。多くが肛門から感染するので、肛門や直腸のリンパ節に感染して直腸炎を引き起こします。潜伏期間は3日~2週間とされ、初めは小さな水ぶくれが性器にできます。その後ただれますが、しばらくすると消えるので見過ごされることが多いです。ただれて1週間~2週間で発熱や頭痛、倦怠感が現れ、太ももの付け根にあるリンパ節が腫れて硬くなります。治療には抗生物質を使い、3週間~4週間の服用で治ります。その治療として使われるアジスロマイシンは、ジスロマックのジェネリック医薬品です。ジスロマックは開発するために多くの費用が費やされるので、価格が高くなります。しかしアジスロマイシンはインターネットを通して注文すると費用を抑えて入手できます。多くの販売元で1錠200円程度、非常に安価で販売する場合は104円~となっています。アジスロマイシンは細菌を殺す薬なので、クラミジアに対して効果を発揮します。また1日1回の服用を3日間継続すると、効果が1週間持続します。吐き気や下痢などの副作用を感じることがありますが、その程度は低いとされます。